天使はブルースを歌う――横浜アウトサイド・ストーリー

3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
著者 :
koringoさん  未設定  読み終わった 

有名な横浜山手外国人墓地は観光客でいつも賑わっている。
けれど観光客おろか地元の人にもあまり知られていないもう一つの墓地がある。根岸外国人墓地。
そこには、戦後800体とも900体とも言われる混血の嬰児が葬られていたという。
戦争も戦後も知らない。占領下の横浜も本牧が時代の最先端だった頃もゴールデンカップスも知らない。
けれど何があったのか、もっと知りたいと思った。
本を読んで、見慣れた景色が違う色合いを帯びた。
山崎洋子が作詞、エディ藩が作曲し歌った「丘の上のエンジェル」を聴いた。心に響いた。
根岸外国人墓地を訪ね、想いを馳せながら手を合わせた。「丘の上のエンジェル」がそこに眠る嬰児たちの子守歌になっていることを祈りたい。

レビュー投稿日
2020年1月7日
読了日
2020年1月7日
本棚登録日
2020年1月3日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天使はブルースを歌う――横浜アウトサイド...』のレビューをもっとみる

『天使はブルースを歌う――横浜アウトサイド・ストーリー』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする