ガリバー旅行記

  • 2012年9月13日発売
3.73
  • (11)
  • (27)
  • (27)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 203
感想 : 28
3

船乗りである主人公がさまざまな国に行って、一時的に過ごした国々のことを綴っている。自分よりも小さな人間げけの国、反対に自分よりも大きな人間だけの国、または馬が支配している国々などである。
本文中、次の記述があった。すなわち、「戦争の原因ならたくさんありますが、主なものだけを言ってみましょう。まず、王様の野心です。王様は、辞意分の持っている領地や、人民だけで満足しません。いつも他人のものを欲しがるのです。」という部分である。これは、隣国のトップのことを言っているようである。
この『ガリバー旅行記』、もともとは前回の読書本である佐藤優『世界史の極意』で取り上げられていたことから関心を抱いて読み始めたものである。佐藤優はこの本で、18世紀に欧州で取られた重商主義政策のメンタリティを皮膚感覚で理解するのに最適な文献として『ガリバー旅行記』を挙げている。曰く、ガリバーが未知の国から珍しいものを持ち帰って、それを売りさばくことによって利益を得ていることが分かるからだと述べている。しかし、私がこの『ガリバー旅行記』を読んだ限りでは、そのような記述はほとんどなかった気がする。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年4月29日
読了日 : 2021年4月28日
本棚登録日 : 2021年4月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする