なにがなんでも愛してる (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社 (2006年7月1日発売)
3.29
  • (2)
  • (2)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 2
3


「好きになってごめんね」
!?不運の女神に愛されていると評判の兄・一色柊馬を身近に見て育った双子の弟・和馬と兵馬は、人生を堅実に生きることを目標にしていた。
そんなある日、和馬は兄・柊馬にそっくりな美青年・樋口至と出逢う。
儚げで楚々とした雰囲気を持つ樋口だが、実は、柊馬にも劣らぬ不運体質だった…!!
恋をしたら命がけ、デンジャラス・ラブ登場。

==================

不幸対決。
お兄ちゃんを上回る人物が…!!!
頑張れとしか声を掛けようがないwww

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: white heart
感想投稿日 : 2009年5月4日
本棚登録日 : 2009年5月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする