I LOVE YOU (祥伝社文庫)

3.50
  • (241)
  • (539)
  • (858)
  • (105)
  • (16)
本棚登録 : 4633
レビュー : 492
tobenaikaeruさん 小説   読み終わった 

◇透明ポーラーベア(伊坂幸太郎)
独特の文体がとても心地よく、主人公の姉の彼氏だった人と動物園で再会する、
という設定に引き込まれました。
最後まで姉と姉の元彼と主人公とその彼女の関係が気になって、夢中で最後まで読みました。
さりげなく姉の歴代の元彼のエピソードを紹介したずっと後に、
さりげなく特徴のあるキャラクターが描かれ、実は歴代の元彼たちだったのでは、という伏線の回収の仕方もすごいなあと思います。ミステリー要素のあるお話だと思いました。

◇魔法のボタン(石田衣良)
小さい頃から気心のしれた男女のふたりが、男性の視点で優しい口調で語られていて、
独特の世界観で素敵だなあと思いました。
ずっと20年間も良いお友達同士として過去の恋愛話をしたり飲んだり、
という間柄から、じょじょに女性らしさを出す女性と、そんな彼女に惹かれていく男性が
とても可愛いお話でした。

◇卒業写真(市川拓司)
スタバで中学の同級生と再会した主人公の女性視点のお話。
当時のままのふっくらした柔和な男性に変わらないね、というと意外そうな顔をされた、
というような伏線が仕掛けられていて、読み進めていくうちに予想外の結末で楽しかったです。
二人とも魅力的なキャラクターで、読んでいてほっこりしました。

◇百瀬、こっちを向いて(中田永一)
学校中で人気のある幼馴染をもった、クラスでは地味で目立たないグループにいる主人公。
そんな彼が、美人の彼女を持つ幼馴染のことが好きな女子に、つきあうふりをしろと言われ、手伝うことに。
そうしているうちに段々その女子を好きになってしまって、、、という内容で、すごくおもしろかったです。
そして、あげた花言葉の意味から、
数年前の浮気にとっくに気づいていた幼馴染の彼女の描写がおもしろかったです。
主人公たちの仮面カップルの行方が気に入り、この話は単行本で探し出して購入しました。

◇突き抜けろ(中村航)
週に三度電話をかけあう男女の物語、という設定がいいなあと思いました。
破天荒なキャラクターに振り回される主人公たちがおもしろかったです。
独特のルールがある付き合い方をしている登場人物たちの物語はとても魅力的だなあと思いました。
主人公の、青年らしい悩みにぶつかっていく姿勢に好感が持てた作品でした。

◇Sidewalk Talk(本多孝好)
別れの前兆がある前提から物語が始まり、男性が昔を回想しているという展開がおもしろかったです。
二十歳のころに、つけていた香水を嗅いで、そのときの記憶を思い出したところからの物語の進行がとても良いなあと思いました。
大人同士なんだけど、男性もかわいいし女性もかわいい作品でした。

レビュー投稿日
2014年6月5日
読了日
2014年1月5日
本棚登録日
2014年6月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『I LOVE YOU (祥伝社文庫)』のレビューをもっとみる

『I LOVE YOU (祥伝社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする