蝶―歌集 (かりん叢書)

著者 :
  • ながらみ書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
4

渡辺松男は「歩く仏像」で出会ってから追いかけているが、この歌集はいままでのものと大分違った。
装丁の意図もあるだろうが、いままで以上に丁寧に、マクロで物事が捉えられている。一瞬がひどくながく、ながく引き延ばされて遠く静か。
言葉も選び抜かれて、いつになく正確で丁寧な(ほとんど混ざらない)文語体。

あとがきをよむとなんだか恐ろしいような気持ちになる。
難病で闘病中とのこと、心から良くなってほしい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 詩集・歌集
感想投稿日 : 2013年8月1日
読了日 : 2013年8月1日
本棚登録日 : 2013年6月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする