改訂新版 新書アフリカ史 (講談社現代新書)

3.50
  • (4)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 153
レビュー : 12
制作 : 宮本 正興  松田 素二 
tocaさん  未設定  読み終わった 

講談社現代新書のロングセラーが新装版に。特にアフリカの歴史に興味があるとか、そういうのは無くて、SNSで現代新書随一の分厚さを誇ると宣伝していたので買った。分厚いと言われるとつい買ってしまうが、思ったより分厚くなかった……まぁ、この判型で『分厚い』と言うと、同じ講談社から京極夏彦がいるからな……w
さて、元々『分厚い』という理由だけで買ったのだが、読んでみるとこれがなかなか面白い。幾ら分厚くても近現代まで書かれているので駆け足になってしまうのは仕方がないこととはいえ、古代の、文明発祥期のことが非常に面白い。当たり前だがエジプトだけではないのだ。
しかし文字を持たず、口承・伝承しか手段を持たなかった文明というのは、何らかの遺跡が発掘されないことには、誰にも知られず消えていくことになるのだなぁ……。

レビュー投稿日
2018年11月17日
読了日
2018年11月17日
本棚登録日
2018年11月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『改訂新版 新書アフリカ史 (講談社現代新...』のレビューをもっとみる

『改訂新版 新書アフリカ史 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする