熱帯雨林の彼方へ

  • 新潮社 (2014年6月30日発売)
3.56
  • (4)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 74
感想 : 12

正に『ラテンアメリカ的混沌』を具現化したような内容で、長らく品切れになっていたのが信じられないほど面白かった。
マジックリアリズムというと南米文学、というイメージがあるが、この作品に関しては、ごく初期のマジックリアリズム、『巨匠とマルガリータ』辺りを彷彿とさせる。特に色彩感覚にはブルガーコフとの共通点を感じる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2014年7月2日
読了日 : 2014年7月2日
本棚登録日 : 2014年6月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする