tocaさん  未設定  読み終わった 

英語圏の文芸誌『GRANTA』の日本版、第2号。日本版といっても単純な翻訳刊行ではなく、かなり自由な編集がなされているようだ(これは日本以外で刊行されている、「国際版」でも同様)。
目当てはカズオ・イシグロ『忘れられた巨人』の第1章、第2章の先行掲載。4月の下旬には単行本が刊行されるのだが、我慢出来なかった……。その『忘れられた巨人』は、先行作では『充たされざる者』を思わせる雰囲気で、これこれ! という感じ。『わたしを離さないで』の人気は解るのだが、やっぱりイシグロにはカフカ的な不条理世界を描き出すことを期待してしまう。単行本が楽しみ。
翻訳短篇はどれも良かったのだが、どれかひとつを選ぶならサルマン・ラシュディ『黄金の枝』。収録作中、最も短いが、最も切れ味が鋭いのがこれ。次点はヒカルド・ジリアス『トリア』かな〜。ジャネット・ウィンターソン『ガートルード・スタインについて知っていること』と迷うが、ここはやっぱり前者を推したい。
国内短篇は島田雅彦『ヴェネチアの死者』、堀江敏幸『徳さんのこと』、黒田夏子『道の声』が良かった。

作品の内容云々とはまったく無関係なのだが、『横書き』を前提に書かれている黒田夏子を一番最初に読むと、全部横書きでも思ったほど疲れなかった……というのは発見と言えるのだろうかw でもやっぱり疲れるのは疲れるので、何とか縦書きにして貰えんものだろうか。大元の『GRANTA』と、ある程度合わせるのは仕方ないとはいえ、全部横書きは読むのが疲れる。マジで。

レビュー投稿日
2015年4月4日
読了日
2015年4月4日
本棚登録日
2015年4月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『GRANTA JAPAN with 早稲...』のレビューをもっとみる

『GRANTA JAPAN with 早稲田文学 02』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする