木に登る王:三つの中篇小説

3.57
  • (4)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 7
制作 : 柴田 元幸 
tocaさん  未設定  読み終わった 

スティーヴン・ミルハウザーの最新作。
中篇3本を収録しているが、これまでのミルハウザーとは少し趣が違う。巻末の解説に『そして今回描こうとした「全体」は、ミルハウザーが短篇でよく取り上げるようなひとつの閉じた共同体の全体ではなく、一個人の心理の全体である』とある通り、内面の奥深くに分け入る形でストーリーが進む。また、ミルハウザー独特の執拗さ、緻密さも健在。矢張りミルハウザーはいいなぁ。

レビュー投稿日
2017年6月22日
読了日
2017年6月22日
本棚登録日
2017年6月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『木に登る王:三つの中篇小説』のレビューをもっとみる

『木に登る王:三つの中篇小説』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする