断片 1926-1932

著者 :
  • 共和国 (2020年1月13日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 1

普段、詩なんてぜんぜん読まないのに、共和国の本であるというだけでつい買ってしまう。今回、判型は普通だったが、銀色の装丁が目立っていていいなぁ。
萩原恭次郎のことは全く知らないが、なんかアジビラみたいなテンションの高い詩が多くて圧倒される。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年2月1日
読了日 : 2020年2月1日
本棚登録日 : 2020年2月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする