グランドツアー――18世紀イタリアへの旅 (岩波新書)

3.33
  • (5)
  • (7)
  • (12)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 117
レビュー : 16
著者 :
tochiさん 歴史   読み終わった 

グランドツアーとは英国貴族の間で流行った、子息教育の最終段階としてイタリアなどの欧州大陸への遊学旅行のこと。
本書は、その流行をイタリア側から見た、というが実際はグランドツアーで訪れる人々がイタリアに何を求め、そして当時欧州内では政治状況等により後進国の地位に甘んじていたイタリアがいかにそれに応えていったか、ということを追っている。

人間、自然、遺跡、芸術という4つの分野から「イタリアに求められたもの」を考察しているが、本来、論述の核となるはずのグランドツアーに関する記述が、あくまでも「多少なりとも知識がある」という前提で非常に最小限に抑えられているので、本書で初めてグランドツアーに触れる読み手だと、なかなかに記述が散漫な印象をぬぐえないのではなかろうか。

実際、私は本書で初めてグランドツアーに触れたので、最後まで視点が定まらない印象を受けました。そして読み終えた今になって、本書の中に散見されるグランドツアーについての概要的な記述が脳内で集約され、少しずつイメージになりかけている段階です。
なので、初心者向けでないのかもしれません。

ですが非常に興味深く読み終えることができ、グランドツアーをもっと知りたくなったので、ほかの書籍でもっとベースの知識を固めたうえで、本書に戻ってきたいと思います。

レビュー投稿日
2011年9月25日
読了日
2011年9月23日
本棚登録日
2011年8月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『グランドツアー――18世紀イタリアへの旅...』のレビューをもっとみる

『グランドツアー――18世紀イタリアへの旅 (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『グランドツアー――18世紀イタリアへの旅 (岩波新書)』にtochiさんがつけたタグ

ツイートする