サーカスの夜に

3.27
  • (12)
  • (84)
  • (141)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 796
レビュー : 114
著者 :
todo23さん 一般   読み終わった 

病気の為に10歳で身体的成長が止まった少年が、憧れのサーカスの世界に飛び込み、周りに助けられながらトイレ掃除の下積みから次第に綱渡りの技を磨き。。。
侏儒とサーカスと言えば、どうしても大好きなスタージョンの「夢みる宝石」を思い出してしまいます。日本ならいしいしんじさんの世界でしょうか。いずれにせよどんよりと昏く重い物語。でも、その中に僅かに明るい日差しが差し込んで・・・。というイメージです。
しかし、小川さんが書くとちょっと違います。時代も国もはっきりしない場末のサーカス団と言うのは予想通りなのですが、余り昏さやミステリアスな感じはしない。まあ明るくも無いのですが。。。
そのせいでしょうか、基本的には少年の成長物語なのですが、何かコントラストが弱い感じなのです。
例によって、食べ物は美味しそうなのですが。

レビュー投稿日
2018年8月23日
読了日
2018年8月23日
本棚登録日
2018年8月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サーカスの夜に』のレビューをもっとみる

『サーカスの夜に』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする