リアスの子 (光文社文庫)

4.18
  • (6)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 5
著者 :
todo23さん 一般   読み終わった 

震災前の東北の一都市を舞台に、陸上競技を介した若い中学教師と転校してきた女子生徒の交流を描いた作品。
著者の経歴から(中学教師の経験)から自伝的な小説らしいと思っていたのですが、後書きにもそのような事が書かれています。
物語の途中で「熱血教師が出てくる学園ドラマとか、見すぎなんじゃないの?」なんて言葉が出てきますし、さらに開き直ったように「学園ドラマを馬鹿にしちゃいけない…人々の願望がデフォルメされて提示されているからだ」などと書かれてますが、確かに学園ドラマの雰囲気がプンプンします。でも、確かに爽やかな良い話です。
やや、説明調な文章が多いのは気になりますが。
『七夕しぐれ』の続編でもあるのですが、震災を機に著者自身が住んでいた気仙沼(=仙河海市)を舞台にしたシリーズを書き続ける様です。

レビュー投稿日
2016年2月23日
読了日
2016年2月23日
本棚登録日
2016年2月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リアスの子 (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『リアスの子 (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする