バリュープロポジション戦略50の作法 - 顧客中心主義を徹底し、本当のご満足を提供するために

著者 :
制作 : 永井孝尚 
  • オルタナティブ出版 (2011年3月30日発売)
3.97
  • (11)
  • (14)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 153
感想 : 17
4

 読む目標設定(意味)
永井さんの講演を聞いて、バリュープロポジションを深く知りたくなったため。

 実際に読んでみた一言感想
とにかく、顧客を中心に考えること、ただし、顧客を神様扱いするのはNGということ。
 気になった点
ユーザーと顧客は異なる。
 考えたこと
実際に商品を購入する人と、それを使う人は異なると思う。
それは、自分がこれから飛び込んでいく業界では特に気をつけなければいけない。
そして、バリュープロポジションも、自社、他社、顧客そしてユーザーという円が必要なんだと感じた。
 新しい学び(キーワード)
バリュープロポジション
KGI
KPi
 次のアクション
永井さんのPHP新書の本を読み、より理解を深める。
(アクションの達成日2013年10月08)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年10月8日
読了日 : 2013年10月8日
本棚登録日 : 2013年10月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする