頸飾り

4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 2
shinozakiさん  未設定  読み終わった 

夜会の招待状が届く。でも、お金がない自分は何を着ていけばいいのだろう? 煌びやかな世界に憧れる女性の葛藤と、献身的な夫の滑稽さと悲しみを同時に現した短編、モーパッサンの『首飾り』を読むと、その結末に複雑な思いを抱きます(漱石の感想ではないけれど…)。

レビュー投稿日
2019年9月12日
読了日
2019年9月11日
本棚登録日
2019年9月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『頸飾り』のレビューをもっとみる

『頸飾り』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする