はじめての宗教論 右巻 見えない世界の逆襲 (生活人新書)

3.64
  • (23)
  • (71)
  • (49)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 575
レビュー : 64
著者 :
tokuさん キリスト教一般   読み終わった 

著者が学んだ同志社の神学的傾向を垣間見ることができた。はじめから「キリストの復活とは、ナザレのイエスが夢に出てきたということ」(13頁)という記述が目に留まり、教科書的な自由主義神学に出会ってしまった、という印象。

昨今、教勢のみならず神学の面でも主流派になってきている福音派やペンテコステ派については、関心も認識もきわめて薄い。著者が身に付けてきたキリスト教は(良し悪しはともかく)キリスト教界ではマイナーである。

この著者の神学論がおもしろいのは、やはり政治経済とのからみ。貨幣経済とのアナロジーや、北朝鮮のチュチェ思想とキリスト教との類似性など、情報として興味深かった。

「無政府主義とかマルクス主義的共産主義は、初期キリスト教のような限られた範囲の、お互いに顔が見えるような中間団体でしか成立しない共産主義的な原理を、国家全体どころか世界全体に拡大できると勘違いした。それで地獄絵ができてしまった」(127頁)という指摘は秀逸。

チェコにおいて十字架ではなく盃がシンボルとして用いられているのが、イエズス会が十字軍でチェコのプロテスタントを攻めたことに由来している(205頁)というくだりは、なるほどと思った。私が学んだチェコの神学校も、シンボルマークは杯だった。

キリスト教とは救済である、という言い方がよく出てきたが、著者にとっての「救済」とは何なのか、最後までよくわからなかった。「どんな状態から」「どのように」「どこにむかって」救われるのか、それこそがキリスト教信仰の中心テーマのはずだが。あえて踏み込まなかったのか、それとも、ただの「旗印」に過ぎないのか。

レビュー投稿日
2016年10月26日
読了日
2016年10月26日
本棚登録日
2016年10月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『はじめての宗教論 右巻 見えない世界の逆...』のレビューをもっとみる

ツイートする