教育力 (岩波新書)

3.78
  • (64)
  • (99)
  • (97)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 739
レビュー : 96
著者 :
edogawaさん  未設定  読み終わった 

著者は教育法を専門としているらしい。だから超多作の著者にとって本著は代表作にならねばならない。確かに著者の熱い想いは伝わってくるし、内容的にもそれなりの説得力はある。教育は学校だけでなく企業や家庭やその他人に何かを教える場面においては全て関係するというのも頷ける。しかしながら、その熱さ故か教育者を聖職扱いし、過重労働を推奨している点は気になる。10年前の作品なので今は考えが変わってるのかもしれないが、なら著者のライフワークとして改訂版を出すべきだろう。また、教育者をリーダーとしているが、教育者はリーダーではなくコーチである。その辺も履き違えている印象がある。

レビュー投稿日
2018年2月1日
読了日
2018年2月1日
本棚登録日
2018年1月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『教育力 (岩波新書)』のレビューをもっとみる

『教育力 (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする