社会システム理論: 不透明な社会を捉える知の技法 (リアリティ・プラス)

3.98
  • (12)
  • (20)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 228
レビュー : 18
制作 : 井庭 崇 
edogawaさん  未設定  読み終わった 

頂点層、中間層、底辺層、各々を上げる必要があるがリソースが違うから最適化が必要。日本は底上げ中心なので、万人向けのバカなコンテンツばかりになる。これは公共の利益に反すると。
国家としては知識人に騒いでほしくないし、国民がバカでいてくれた方がいいので、今の状況は都合がいいのかもな。

レビュー投稿日
2018年8月7日
読了日
2018年8月7日
本棚登録日
2018年8月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『社会システム理論: 不透明な社会を捉える...』のレビューをもっとみる

『社会システム理論: 不透明な社会を捉える知の技法 (リアリティ・プラス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

井庭崇の作品一覧

井庭崇の作品ランキング・新刊情報

ツイートする