東京海洋大学附属図書館(品川キャンパス)テーマ展示

この本もオンラインで読めます!

【アクセス方法】
※学内LANまたはリモートアクセス(クライアントモード)でアクセスしてください※
http://sfx11.usaco.co.jp/tumsat/az
→「電子ブックを探す」タブより、「タイトル『Advances in Marine Biology』で始まる」で検索する
または、
下記URLから(巻号一覧):
https://www.sciencedirect.com/bookseries/advances-in-marine-biology/volumes

---

読書マラソン感想カードより:

電子ブックで読んだ。さし絵もとてもきれいで、電子ブックだと大きい本でも重くないので読みやすい。地中海にいる生物と日本近海にいる生物が似ていて驚いた。海外にも海洋生物を研究している人が沢山いるのだなあと思うとうれしかった。

オススメ度:
★★★★★

にゃ~(海洋資源環境学専攻)

2022年5月19日

海洋大図書館のバーコードがついていない雑誌や新聞も借りられます! 詳しくはカウンターでお訊ねください。

所蔵情報:
品川図書館 新着雑誌コーナー(製本分は書庫:P663/28)

2022年5月17日

Maruzen eBook Libraryで利用可能な事典類が増えました! 課題や研究に、ぜひご活用ください。

【アクセス方法】
※学内LANまたはリモートアクセスでアクセスしてください
※Maruzen eBook Libraryのユーザアカウント作成済みの方は、リモートアクセスしなくても学外から閲覧可能です
下記URLから:
https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000107137

---

読書マラソン感想カードより:
ワインやウイスキー、ブランデーの醸造方法がわかりやすく書いてあってたのしく読めた。e-bookなので読みたいページにすぐ移れた。醸造を発見した人はすごいなと思った。甘酒もおいしそうだなと思った。様々なオリゴ糖で甘いのかと分かった。

オススメ度:
★★★★★

にゃ~(海洋資源環境学専攻)

2022年5月12日

妄想海外旅行として、身近な景色をパリに見立てて読んでみるのもあり…でしょうか。

所蔵情報:
品川図書館 857.8/Sa32

2022年5月6日

この本もオンラインで読めます!

【アクセス方法】
※学内LANまたはリモートアクセスでアクセスしてください
※Maruzen eBook Libraryのユーザアカウント作成済みの方は、リモートアクセスしなくても学外から閲覧可能です
下記URLから:
https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000107133

2022年4月27日

タグ

日本の世界遺産は,文化遺産20件,自然遺産5件の計25件が登録されています。

所蔵情報:
品川図書館 291.97/Ta19

2022年4月26日

本日4/22はアースデイ。

所蔵情報:
品川図書館 436.8/H41

---

読書マラソン感想カードより:

「森は海の恋人」
このキャッチフレーズ、聞いたことはないだろうか。著者は山に植林活動をしているカキ養殖の漁師だ。
なぜ、彼は木を植えたのか。その答えがまさにこの一言に凝縮されている。
始まりは知り合いの研究者が言った「なにがその中に入っているかわからないが、森には魔法つかいがいる」
その謎が解ける過程が面白い。しかも謎はどんどん生まれ、解かれ、かつすべては消えない。
それでも見えてきた答えで、自分の所だけでなく、日本中の漁場を良くし、もしかしたら温暖化を改善する鍵になるかもしれないなんて、化学ってすごいな、と思った1冊。

ノブ(図書館職員)

2022年4月22日

雨の翌日は花粉症の症状が…という方もいらっしゃるかもしれません。越中島図書館で続編を所蔵しています。

所蔵情報:
品川図書館・文庫/新書コーナー 491.8/Ki58

2022年4月19日

様々な人の視点から銚子市について描かれている。クジラだけでなく、色々な魅力を知れる。

さんろく

所蔵情報:
品川図書館 601.1/Sh25

2022年4月14日

博物館の多種多様な取り組みを紹介している一冊。

所蔵情報:
品川図書館 069/O24

2022年4月5日

新生活、新学期を迎えるみなさまに。

【アクセス方法】
※オープンアクセスなので、どこからでも読めます※
下記URLから:
https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/card4360.html

2022年3月31日

タグ

今や大学生が3人集まれば酒を飲むだろうといった時代だが、古はそうでもなかったようだ。しかし、むしろヨーロッパでは、日本人が茶を飲むように酒を飲んでいるのだろう。結論として、飲んだこともない高そうな酒の名を挙げられてもわからんかった、ということである。

ぽんず(海洋環境科学科)

所蔵情報:
品川図書館 588.5/F95

2022年3月30日

クイズにも、酒の肴にもなる魚のあれこれ。

所蔵情報:
品川図書館 664.6/Ka52

2022年3月29日

生物の教科書に出てくるフデイシやハルキゲニアが絶滅した理由が意外でおもしろかった。一種類の食べ物だけを食べていると何かあったときに食べ物がなくなって絶滅することがあるので雑食でよかったなと思った。フォントがちがうと読むのが大変だなと思った。

おすすめ度:
★★★★☆

にゃ~(海洋資源環境学)

所蔵情報:
品川図書館 482/Ma59/3

2022年3月24日

Python関連本、増やしてます。

所蔵情報:
品川図書館 007.6/Ta94

2022年3月23日

「池上彰のニュースそうだったのか‼」の書籍版。コロナ禍においてますます重要になってくるお金や経済の話。読んでいて、知っているつもりで説明できない事柄が多かったことに気付いた。なんとあいまいな知識を持って、日々を過ごしていたと反省。
一つ一つの事柄の具体的な金額や数値が出てくるので、イメージもわきやすい。あとなぜこんな税が生まれたの?という話題も多くて、大変勉強になった。

オススメ度:
★★★☆☆

ノブ(学術情報課)

所蔵情報:
品川図書館 330/I33

2022年5月18日

沿岸域工学研究室の先輩からのおすすめ!

所蔵情報:
品川図書館 517.8/G55
越中島図書館 517.8/G55

2022年3月11日

本日は #国際女性デー 。新着図書です。

所蔵情報:
品川図書館 367.2/Se11

2022年3月8日

魚類行動生態学研究室の先輩からのおすすめ!

所蔵情報:
品川図書館  487.5/N77/R

2022年3月4日

本日は耳の日。

所蔵情報:
品川図書館  487.5/Ka84

2022年3月3日

本日は金魚の日でもあるそうです。東京海洋大学の前身校・水産講習所の初代所長・松原新之助によるこちらの文献はいかがでしょうか。

【アクセス方法】
※オープンアクセスなので、どこからでも読めます※
下記URLから:
https://doi.org/10.5962/bhl.title.35552

掲載誌の他の巻号・論文を読みたいときはこちらから:
https://www.biodiversitylibrary.org/bibliography/15727

所蔵情報:
品川図書館 P660/103(洋雑誌)

2022年3月3日

タグ

「日報ジュニアウィークリー」(岩手日報社発行)に連載された記事に書きおろしを加えた一冊。写真や図も豊富です。

所蔵情報:
品川図書館 452/A58

---

読書マラソン感想カードより:

三陸の海はとても豊かなんだなと分かった。知っている魚貝類の多くが三陸産のようだ。ワカメ漁体験をしている楽しそうな中学生の写真が印象的だった。今度ワカメ漁体験をやってみたいなあと思った。GPSのくっついたウミガメがすごかった。

おすすめ度:
★★★★★

にゃ~(海洋資源環境学専攻)

2022年3月3日

東京湾岸の埋立地の歴史を分かりやすく説明されている。土地と地域のつながりが見える。この本を持って、東京湾岸をお散歩するのも楽しそう。

おすすめ度:
★★★☆☆

さんろく

所蔵情報:
品川図書館 291.3/Sh56

2022年3月2日

たまたま「知的生産の技術」を読んでほどない時期に読んだので、同じような時代に同じようなことを考えていた人たちがいたのだな、と思いながら読んだ。夜よりは朝、というのは、クリエイティブな事柄に限らず言えることだと思う。効率的な作業手順を考えていて…とか。
個人的には、これ→「知的生産の技術」の順でのセット読みをオススメしたい。

おすすめ度:
★★★☆☆

ふかし芋(図書館職員)

所蔵情報:
品川図書館 141.5/To79

2022年2月22日

ツイートする