子守唄 (創元推理文庫)

3.95
  • (2)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 7
東京創元社さん  未設定  未設定

眠るようにベッドに横たわる母と二人の幼い子ども。だが喉の傷と大量の血が、彼らが殺されたことを物語っていた。母親は結婚してスウェーデンにやってきたフィリピン女性。夫とは別れ、女手ひとつで子どもたちを育てていた。捜査線上に浮かんだ、被害者と親しかったらしい謎の男性。一家が住む高級アパートを買ったのはその男なのか? 
ハンマルビー署、ショーベリ警視以下捜査陣は、衝撃の事実にたどりつく。好評シリーズ第3弾。
訳者あとがき=木村由利子

レビュー投稿日
2015年6月26日
本棚登録日
2015年6月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『子守唄 (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『子守唄 (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする