カレーライスの唄 上 (講談社文庫 あ 3-3)

著者 :
  • 講談社 (1982年9月1日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 2
4

出版社の倒産で失業者となった六助と千鶴子がカレーライス店を開業する小説。この種の物語は開業までが前座で、開業からが本題となることが多い。これに対して本書は倒産から開業までを丁寧に描いている。最初からカレーライス店の物語を期待する向きには肩透かしがあるかもしれないが、むしろ起業の物語は起業までが大変である。その意味では面白く読めた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2021年9月11日
読了日 : 2021年9月11日
本棚登録日 : 2021年9月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする