罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

4.29
  • (147)
  • (76)
  • (47)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 963
レビュー : 105
あふろざむらいさん ロシア文学   読み終わった 

第3巻。ラスコーリニコフは神を信じたのではなく、ソーニャを信じたのだ。その一点だけを胸に生き、人生への希望は持っていなかった。だから、ただ生きた。

レビュー投稿日
2020年2月5日
読了日
2020年2月5日
本棚登録日
2020年2月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)』のレビューをもっとみる

『罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)』にあふろざむらいさんがつけたタグ

ツイートする