サーカスの夜に

3.26
  • (11)
  • (84)
  • (139)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 789
レビュー : 112
著者 :
とまとさん  未設定  読み終わった 

どこかの国のお父さんやお母さんと一緒に暮らせずにおばあさんと暮らしている貧しい少年はサーカスに憧れています。
ある時、近くで小さなサーカス団の移動公演があるのを知り、一人でサーカス団に弟子入りしてほしいと頼みに行き、サーカス団に入れてもらう話です。

さすが「食堂かたつむり」を書いた小川糸さんの作品!ということで、食事に関する描写が美しい! しかし、サーカス団の中でショーで失敗して死んでしまったペンギンを弔うために食べる?!というシーンでは「わーーー!! 食堂かたつむりの再来 」と感じましたが。
最初は何もできずにコックさんの手伝いとトイレ掃除員としてサーカス団に仲間入りした少年が少しずつ認められ、綱渡りする人になっていく成長を見守る親のような気分になれました。
サーカス団ってエンターテイメントの世界ですから、引き抜かれたりすることもあるのでしょうね。
家族のような小さなサーカス団であるからこそ素敵な部分もあるんだろうなぁと感じました。

サーカス、久しぶりに見てみたいなと思いましたよ。

レビュー投稿日
2015年6月7日
読了日
2015年6月7日
本棚登録日
2015年6月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サーカスの夜に』のレビューをもっとみる

『サーカスの夜に』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『サーカスの夜に』にとまとさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする