呼吸入門 (角川文庫)

3.67
  • (20)
  • (38)
  • (35)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 315
レビュー : 44
著者 :
富屋大介さん  未設定  読み終わった 

 本書のメソッドは「三・二・十五」(三秒吸って、二秒止め、十五秒で吐く)という呼吸法、これだけです。
 後は呼吸というのがいかにスゴイかについて補足的説明や背景知識などが色々書かれています。

 …薄すぎる?
 でも、この薄さには理由があるんです。

 そもそもビジネス本や自己啓発本って、役に立つテクが書かれすぎています。そうすると人間、妙な貧乏性で一度に全部を実践しようとし、破綻・挫折します。
 これは本という媒体でメソッドを伝達しようとする際の限界です。

 だから、特に入門段階では簡単ですぐに実践できるこのくらいの量でいいんです。
 が、そうすると大人というのは簡単に理解できるからという理由で、今度は内容を軽視したり「薄い」と馬鹿にしたりします。

 この辺が「メソッド本」のジレンマなのかなぁ、と思います。そして、以上の意味において本書は入門書としてはかなり良い出来だと思うのですが、いかがでしょうか?(詳細はhttp://ow.ly/5Wwj1をお読み下さい)

レビュー投稿日
2012年3月8日
読了日
2011年6月3日
本棚登録日
2011年6月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『呼吸入門 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『呼吸入門 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする