時男~愛は時空を超えて~ (4) (ビッグコミックス)

  • 小学館 (2013年3月29日発売)
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
4

 安倍首相がTPP参加表明を表明したこのタイミングで、入れ替わるように連載を終了した作品がある。それがマンガ界初のTTP*と言われた本作である。

*TTP…「タイムトラベル・パコりモノ」の略。空前にしておそらく絶後となろうジャンル。

 傾きかけたぽすと不動産を立て直すため、不動産王の老人から持ちかけられた変態勝負に挑む時男と女社長。東京オリンピックと引っかけて「性器の祭典!」とか言われても…。

 なぜ時男はタイムスリップしてしまったのか、その謎も解明されはする。が、そんな説明など心の底からどうでもいいと思ったのは私だけではあるまい。
 謎が解け、現代に戻りそうにな時男の体が透ける描写があるのだが、そんなところで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」みたいな表現を駆使されても、無意味な小癪さしか感じなかった。

 どうでもいい作品なので、どうでもいいついでに少しだけ雑談を。
 本作のような、一部の好事家だけが欲しがる作品こそ電子書籍にすべきだと思う。初版部数も少ないだろうし、なかなか店頭で手に取る機会もないだろう。電子書籍だと印刷代もかからないし在庫を抱えるリスクも発生しない上、新古書店に流されることもない。
 ただ、電子書籍だと(ネタとして)人に貸せないんですよね…。こういう作品は個人的に所有するのではなく、回し読みされてナンボだと思うのですが、電子書籍での貸し借りって何とかならんかなぁ…といつも思います。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: マンガ
感想投稿日 : 2013年4月11日
読了日 : 2013年4月11日
本棚登録日 : 2013年4月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする