孤独のグルメ 【新装版】

4.11
  • (291)
  • (265)
  • (167)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 2024
レビュー : 232
著者 :
富屋大介さん マンガ   読み終わった 

 原作者の久住昌之については『食の軍師』で知っていたが、ドラマのSeason2開始前に周囲でプッシュされていたのを機にドラマを観て、先にドラマにハマりました。

 原作マンガである本作と読み比べて感じたのは、ドラマよりも本作の方が繊細だということでした。
 ドラマのSeason2はほぼテンプレ化された展開で、料理そのもののおいしさもさることながら、料理を美味そうに食べる松重豊にウェイトが置かれています。これに対し、本作では食事に対する主人公のこだわりやポリシー・美学といったものに重きが置かれています。そういう意味では、原作の方は少し『食の軍師』寄りと言えるかもしれません。
 原作とドラマ、それぞれの味わいと面白さがあるので、両方楽しむのがオススメです。

(※新装版には追加のエピソードとインタビューが載っているので、そちらをオススメします)

レビュー投稿日
2012年12月10日
読了日
2012年12月10日
本棚登録日
2012年12月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『孤独のグルメ 【新装版】』のレビューをもっとみる

『孤独のグルメ 【新装版】』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『孤独のグルメ 【新装版】』に富屋大介さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする