精霊の守り人 (新潮文庫)

4.19
  • (1576)
  • (1164)
  • (769)
  • (40)
  • (11)
本棚登録 : 8395
レビュー : 1097
著者 :
tomo112さん  未設定  読み終わった 

守り人シリーズまとめ読み1冊目。
大型版、軽装版、新潮文庫と3種類あってどれにしようか悩んだが、結局は値段で決めてしまった。
子どもが少し大きくなってから読むことを考えたら、大型版でも良かったかもしれない。

おとぎ話だが、よくあるファンタジーと違って落ち着きがある。今もどこかにありそうな民族文化や信仰をベースにしていて、突拍子もない部分が少ないのがその理由の一つだろう。
また戦いの描写が多く、物語の大切な要素になっているが、武器が短槍というのも渋い。魔法もロボットも美少女も出てこない。だから落ち着きがあって、多くの人がこの世界に入り込めるのだと思う。

レビュー投稿日
2014年9月30日
読了日
2014年9月27日
本棚登録日
2014年9月30日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『精霊の守り人 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『精霊の守り人 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする