きつねのはなし (新潮文庫)

3.41
  • (350)
  • (805)
  • (1251)
  • (292)
  • (46)
本棚登録 : 8174
レビュー : 837
著者 :
トモさん  未設定  読み終わった 

読んでいて終始湿度の高いジメッとした雰囲気を感じれる作品。
いつもの森見登美彦さんの作品と同じなようで、毎度おなじみ京都物語からポップさと阿保な大学生を排して、不気味さとヌメッとさと無表情の何かをプラスした。そんなイメージ。
あとはいつもの幻想的な京都。そこはいつも通り。と思いつつ、話の雰囲気が違うだけで同じ場所でもガラッと恐ろしい不気味な夜道を想像してしまう。そこは言葉で表現しにくいので読んで体感じて欲しい…!
ホラー作品と呼べる今作だけど、呪いや人の悪や殺意など一般的なホラー描写はなく、闇に潜んで本能に訴えかけてくる不気味さのようなモノを感じる作品。恐怖というより不気味。
4つの短編からなる今作だがそれぞれ全く別の作品というわけでもなく、同じ京都が舞台であるが故に同様の店、物が登場したり、恐らく同様の獣が姿を見せる。しかし、今作品全てに共通して最後まで読んでもハッキリとせずよくわからないまま終わるため何故なのか?という疑問は解決しない。まぁそこが不気味さをさらに際立てているのかも!
また、特に最後の「水神」に見て取れたが、段落が変わるごとになんの脈絡もなく話が変わる、もしくわ途切れるため、??となることがしばしばあり、少々読みづらいところがある。
しかし全体を通して何故か引き込まれて、スルッと読み終わってしまう。そんな本でした。

レビュー投稿日
2016年5月9日
読了日
2016年5月8日
本棚登録日
2015年11月9日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『きつねのはなし (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『きつねのはなし (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする