レベル7(セブン) (新潮文庫)

3.63
  • (1285)
  • (1923)
  • (3087)
  • (236)
  • (45)
本棚登録 : 14555
レビュー : 1260
著者 :
トモさん  未設定  読み終わった 

本書は上下に分かれていないタイプで中々に分厚い文庫で、終盤は引き込まれるように読めたが序盤にストーリーに入っていけず読み終わるのに結構時間かかりました。
レベル7というタイトルでこの著者の話を読んだのが初めてということもあり、初めはゲーム系の話かSFかと思いましたが、普通に現実的なミステリーでした(笑)
物語は行方不明の少女を捜索する物語と、記憶を失った男女が記憶を取り戻していく物語の2つが交互に進んでいく。物語の核は記憶喪失の男女のであり、記憶を取り戻していくうちにある殺人事件を追う話へと繋がっていく。そして2つの物語は終盤に1つになり、終盤の盛り上がりは目が離せないものがあります!しかし読み終わってまず思ったことは行方不明の少女捜索編、これいる??です!正直最後に繋がりはするけどいらないんじゃないかな〜って思いました(笑) 本も分厚く正直気軽に読めるものではないので少女捜索編を取り除いたらちょうどいい長さになるし、別になくても話は変わらない様な気もします(笑)
まぁそれでも内容そのものはミステリーとして凝っていておもしろかったです!

レビュー投稿日
2016年8月4日
読了日
2016年8月4日
本棚登録日
2015年11月9日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『レベル7(セブン) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『レベル7(セブン) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする