フォトエッセイ 希望の大地――「祈り」と「知恵」をめぐる旅 (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店 (2012年6月7日発売)
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 4
5

幾冊もの「震災関連写真集」を見た。この中でもこの作品は、事実を伝えるだけでなく、作者の視点を明確にしたものとしてこころを打つ。モノ化社会、原発反対の理由。
聖域は、暗く、無駄が多く、何かがいる空間だが、効率を優先するこの消費社会では、それらのものを排除してきた。
地球はひとつしかない。そのことを三陸沿岸部でも、世界の聖域でも感じることを提起している。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 写真集
感想投稿日 : 2012年8月14日
読了日 : 2012年8月14日
本棚登録日 : 2012年8月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする