新世界より(下) (講談社文庫)

4.21
  • (1441)
  • (1117)
  • (512)
  • (106)
  • (14)
本棚登録 : 8163
レビュー : 825
著者 :
tomomionさん  未設定  読み終わった 

怒涛の勢いで読み終わった。
読み終わってしまったことが悲しい…。


お話は…
呪力をもった人類が現れて、呪力のない人間と大戦争が起こる。そして勝ち残った呪力をもつ人類が築き上げた世界が、この本の今。語り手の渡辺早季が住む世界。

呪力によって創り上げられ、何かがおかしい世界。その矛盾に気がつき、好奇心で探索を始める幼い頃の早季とその友達。大人になるにつれて消えてゆく記憶とほころびだす世界の歪み。




設定はSFだけれども、ミステリーでもあり、戦争アクションでもあり、ファンタジーでもあり…分厚い文庫本3冊におもしろい!がいっぱい詰まった本!

読み終えた後の達成感、爽快感、そして手に汗握るこの感覚。
ぜひみんなに読んでこの感覚を味わってもらいたい、そんなお話。
でも、おもしろいと同じくらい怖くなる。笑
人間ってこわいね。
怖いのが苦手な人は要注意。

レビュー投稿日
2014年1月9日
読了日
2014年1月9日
本棚登録日
2014年1月7日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新世界より(下) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『新世界より(下) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする