昨日までの世界(下)―文明の源流と人類の未来

3.85
  • (38)
  • (41)
  • (39)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 637
レビュー : 58
制作 : 倉骨 彰 
tomonobumasudaさん  未設定  読み終わった 

「銃・病原菌・鉄」でピューリツアー賞を受賞した人類生態学者である著者による一冊。上巻のテーマが、昨日までの世界と国家を持つ社会のマクロ比較であったのに対し、下巻である本書はミクロ アプローチ。

印象深かったのは死因の比較。パラグアイ アチェ族・一位 毒蛇、アフリカ南部 クン族・一位 毒矢、中央アフリカ ピグミー族・一位 樹上からの落下。生活違いすぎる。

その他、マクロがプラットフォームを同一性にした記述であるところミクロは異質をプラットフォームとしている。それだけに後半に語られる言語の多様性に対する賛美は秀逸。上下巻を通じて、大変有意義な旅に連れ出してくれたと感じます。

因みに、もっとも恐ろしいライオンは、老いてしまったり病気や怪我などで弱って、俊敏な動きができず群れから離れ「人間を襲うしか手だてがなくなってしまった」はぐれライオンだそう。気をつけます。

レビュー投稿日
2013年5月22日
読了日
2013年5月22日
本棚登録日
2013年5月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昨日までの世界(下)―文明の源流と人類の...』のレビューをもっとみる

『昨日までの世界(下)―文明の源流と人類の未来』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする