アナーキー・国家・ユートピア〈上〉―国家の正当性とその限界 (1985年)

5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
5

所謂、(介入の度合いが)大きな国家・小さな国家問題に、私人間の損害賠償論から切り込んでいく一冊。

ただ、なぜ国家という主体と政府という主体が同一に論じられるのだろうというディレンマ(←1975年表記)に気づかせてくれた上巻。

P.S. MH17の報道やプーチンの来日、イスラエルのガザ地区空爆やシリアのジャーナリスト斬首問題に対して、平和主義国家日本としての意見を述べ、何故、人権に国家が介入するかという正当性を述べてくれる日本キボンヌ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2014年8月26日
読了日 : 2014年8月26日
本棚登録日 : 2014年8月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする