栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

3.18
  • (22)
  • (44)
  • (124)
  • (32)
  • (7)
本棚登録 : 1075
レビュー : 96
tomosakuさん  未設定  読み終わった 

太宰治の処女短編集「晩年」に収録の「道化の華」を本書で初読みした。今風に言えばメタ小説とも取れる構成は、太宰の本音らしきものが随所に表れてくるが、そこの幾つもにも共感を得たのには我ながら驚いた。入水しないようにしなければ。

さておき。ビブリア古書堂シリーズで目にした本が出てきて、物語での役割を思い出しながら読むととても物語が深化する。特に「落穂拾い」と、再読になる「たんぽぽ娘」が読めたのは嬉しい。「せどり男爵数奇譚」は抜粋だったのできちんと読みたい。

そしてこれら、近代文学作品の文章の素晴らしさに驚嘆する。

レビュー投稿日
2016年12月5日
読了日
2016年12月3日
本棚登録日
2016年12月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクト...』のレビューをもっとみる

『栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする