死にがいを求めて生きているの

3.76
  • (71)
  • (128)
  • (101)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1725
レビュー : 154
著者 :
tomosakuさん  未設定  読み終わった 

何者かになりたいが、なれないもどかしさ。著者はそういう人物を描くのに長けているが、今回もその「イタさ」を存分に味わった。コンプレックスを誤魔化し生きる意味を見つけようとする人たちの様が、自分とも重なり痛みを覚える。

今回は、敵を作りそれに対抗している自分、というポジションを確保することで「自分は生きていていい」=生きがいにしている者が主軸にいたが、結局のところ、人は自分を物語に落とし込まないと生きていけないのではないか、と感じる。程度の差こそあれ、常に生に意味を付けたがるのが人間なのかも。

レビュー投稿日
2019年8月20日
読了日
2019年8月18日
本棚登録日
2019年8月20日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『死にがいを求めて生きているの』のレビューをもっとみる

『死にがいを求めて生きているの』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする