新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)

3.93
  • (527)
  • (421)
  • (561)
  • (21)
  • (8)
本棚登録 : 4250
レビュー : 242
著者 :
ともくんさん 戦争小説   読み終わった 

近代戦争を初めて経験する日本は、あらゆる面で後手後手に回ってしまう。
中でも物資不足は、深刻だった。
初めての近代戦争に臨むにあたって見通しが甘かった。
お金が無い中での開戦。
正に綱渡りの戦争であった。
そして、度々、議論がある司馬遼太郎による『乃木希典愚将説』
名将か愚将かは、各個人それぞれに考え方があると思う。
だから、司馬遼太郎が乃木希典は愚将だと思うならそれはそれで、いいのではないだろうか。

レビュー投稿日
2018年11月7日
読了日
2018年11月7日
本棚登録日
2018年11月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)』にともくんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする