フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編 (カジノブックシリーズ)

4.04
  • (10)
  • (11)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 111
レビュー : 12
tomoyafujiokaさん  未設定  読み終わった 

自分の番までポケットを見ない
9人卓ならアーリーでリンプもあり
大人数ならブラフを減らすこと
ポットコミットを見破ること
ポジションが悪い場合は早く降ろすか降りる

スーテッドのみ→Kあれば参加
スーコネ、スーテッドワンGコネは参加9♠︎7♠︎
Q6.J5のような両面ストレートドロー手
ドミネイトできているか注意する
AKvsAQ 74%
AKvs72 67%
つまりAJ AQ KQ KJは注意
スモールポケットペアはプリフロでジャストコールでなるべく人を残す(フロップでセットになる確率10%)
フロップでフラッシュドローとストレートドローはベット
両面ストレートドローはチェック
基本は仕掛ける側になる
フロップでのツーペアはそれ以上強くならないが、かなり有利である。
ボトムツーペアならターンでアグレッシブに
トップボトムはボードでミドルペアになると、ボトムがキッカーになり不利になるため、降ろしたい
フロップセットは相手にトップペアがあればベットする
ターンは罠にはめる場ではない。
ターンでベストハンドならリバーまで行かずに降ろすべき。
ターンで相手が弱気、自分のアウツが増えた場合はセミブラフ
弱そうなハンドがリバーでビッグベットはブラフ
強そうなハンドがリバーで弱気は罠
(プリフロから弱気ならブラフもあり)
レイズ前にスピーチがあれば要注意
同額でも違うチップを使うことのテルは?
3枚同じスーツが落ちた時にポケットの確認をしたら1枚が同じスーツ
フロップでの素早いコールはドローハンド
チップを見る 良い手
チップを静かに置いて背もたれにかかる
→強いハンド
チップを投げて前のめり
→ブラフ
アウツにターンリバーなら4倍
リバーのみなら2倍を掛けて勝率が出る
スーテッドはオフスーツより3%しか勝率高くないが、フラッシュドローも込みでベットしたりランナーランナーフラッシュで不意打ちできる可能性があるので、幅は広がる
AKはドミネイトしやすいのでかなり強い
ポッドオッズ
ポッド5000 レイズ2500 7500(相手のレイズ込みポッド):2500(自分がコールする額)=3:1
1/3+1 25%の勝率が必要
インプライドオッズ
ポッドオッズに相手のコール想定と自分のコール想定を織り込む
ビッグレイダウンができるかどうかが鍵
コールでベットし、ターンでコンティニューベットしないブラフプレイヤーに対しては、コールは受けてターンでチェックならブラフと読む
ルーズプレイヤーにはフロップで良いハンドまで待つ
スーパーアグレにはチェックコールで上げさせてハンドを待つ
オーバーベットするやつには、
良いポジションならできるだけ参加する
ミニマムベットするやつには、
ドローハンドをできるだけ参加する
ベットは毎回同じタイミングですること
コーリングステーションには着いて来させてナッツでオーバーベット

レビュー投稿日
2017年4月11日
読了日
2017年4月11日
本棚登録日
2017年4月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編...』のレビューをもっとみる

『フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編 (カジノブックシリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする