じぶんを切りひらくアート ─違和感がかたちになるとき

3.77
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 7
tomoyuchiさん その他   読み終わった 

直感で購入。
そしてズバリ的中した本だった。

アートの本というよりは、
価値観や社会思想、ライフスタイルなどについて詳しく掲載するされていた。
彼らの現代社会に対する違和感。
それを形にして表現するためのアート。
表現方法はアートでもなんでもいい。
大勢に理解されなくても、小さいところにだけでも伝われば、
そこから波及して全体に広がっていく。
そのような活動姿勢にはとても感銘を受けた。

アートに関心のあるかた、ない方
誰でも学ぶことの多い本です。
ぜひ読んでみてください。

レビュー投稿日
2011年12月29日
読了日
2011年12月29日
本棚登録日
2011年12月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『じぶんを切りひらくアート ─違和感がかた...』のレビューをもっとみる

『じぶんを切りひらくアート ─違和感がかたちになるとき』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする