世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

4.07
  • (335)
  • (145)
  • (244)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 1644
レビュー : 247
著者 :
tomoyuruさん  未設定  読み終わった 

ぶっ飛んでいる。最初の3、4章、???が飛び交った。が、だんだん事情が分かってきて、引き込まれた。特に世界の終わりの世界観が好き。頭骨、音、夢、光、とても美しい。一方でハードボイルドの世界は原宿やら新宿三丁目やら知っているところが出てきて、そこにやみくろがいるなんて夢想する村上春樹に驚かされる。妙に現実味があるところや、女の子のつくったような話し方が気に入らない。沢山の音楽、文学、映画が出てきて、村上氏の文化趣味の洗礼を受けた。この後ノルウェイの森を読んだけど、私は世界の終わりのほうがずっと好き。

レビュー投稿日
2019年2月24日
読了日
2019年1月13日
本棚登録日
2019年2月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーラン...』のレビューをもっとみる

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする