子ぎつねヘレンがのこしたもの (偕成社文庫)

著者 :
  • 偕成社 (2005年9月1日発売)
3.80
  • (22)
  • (20)
  • (38)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 209
感想 : 19
5

子ぎつねヘレンは、目が見えず、耳も聞こえず、保護されて竹田津先生のところへ行きました。ヘレンの生活、様子が見どころです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: うちどく2012
感想投稿日 : 2013年1月10日
読了日 : 2013年1月10日
本棚登録日 : 2013年1月10日

みんなの感想をみる

ツイートする