【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

3.74
  • (75)
  • (182)
  • (121)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 1284
レビュー : 180
著者 :
怠さん  未設定  読み終わった 

何百年も前の限られた不確かな情報を明確な意図のもとに取捨選択、都合の良い解釈と壮大なる空想力、強引なこじつけで光秀の子孫が敗者側のストーリを構築した本書。歴史とは常に勝者の歴史だというのが事実だから、こう言った試みがあっても良いと思う。でも歴史を覆すには力不足。光秀は卑しい足軽からスピード出世したとか、事件当日まで信長が最も信頼する部下でもあり、家光は家康と光秀の諱で構成されているというのはちょっと面白かった。

レビュー投稿日
2015年11月9日
読了日
2015年11月9日
本棚登録日
2015年11月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 ...』のレビューをもっとみる

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

明智憲三郎の作品一覧

明智憲三郎の作品ランキング・新刊情報

ツイートする