銀河鉄道の夜

4.21
  • (14)
  • (13)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 11
著者 :
怠さん  未設定  読み終わった 

これは童話なんだろうか?よくわからない空想の世界が延々と続いた後の、終結部分で繰り広げられる怒涛の展開は難解だった。wikipediaを読んでふ〜んそういう解釈なんだ、と解ったような解らないような狐につままれたような気分。それにしてもスケールの大きい空想力。途中に数カ所原稿が失われている部分があるのに、これだけ語り続けられるのは凄いと思う。賢治さんには少し長生きしてもらって、作品を完成して欲しかった。

レビュー投稿日
2016年3月13日
読了日
2016年3月13日
本棚登録日
2016年3月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『銀河鉄道の夜』のレビューをもっとみる

『銀河鉄道の夜』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする