5年後働く自分の姿が見えますか? (角川oneテーマ21)

3.42
  • (7)
  • (19)
  • (26)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 259
レビュー : 23
torepan07さん 思考法   読み終わった 

本書では40歳以下で、各界で活躍する第一人者の方に、この時代をどのように捉え、どのように生きるのがよいかのアドバイスを頂戴している。

20代の読者には、今日から実践できる働き方、生き方のヒントが満載の内容になっている。

本書で紹介されているのは以下の8名
①岩瀬大輔:会社という看板がなくても通用する人材になれ。
②飯田泰之:お勉強は損をする
③古市憲寿:読めない将来を考えるより、目の前の楽しいことをやっていく
④駒崎弘樹:働き方革命を起こし、日本を救え
⑤経沢香保子:女性も強みを持て
⑥為末大:目標に向かうプロセスに幸せはある
⑦田端信太郎サラリーマンは損失限定の宝くじ
⑧加藤嘉一:今、ここに集中しろ

本書の特徴は、事前にゴールを各担当者が共有することなく、自分が思うことを良い意味で好き勝手書かれているところにある。

一人は英語は勉強すべし!!とあるも一人はそれよりも大切なものがある!!と極端だがそういうような展開もある。

8人が揃っていっていることは、日本だけにとらわれず、グローバルな視点を持つことの重要性が強く書かれている。

意外なところは、マクロ的な視点よりミクロ的な視点や行動の大切さを説いている点が非常に多く印象的であった。

もちろんマクロ的な視点があり、時間軸も先まで見えていることが前提であるもやはり今の時を一生懸命ということはそれを踏まえた上でも間違ってはいない。

普段ではお目にかかれないような著者の文にも触れることができ良い刺激となった。

レビュー投稿日
2014年2月6日
読了日
2014年2月6日
本棚登録日
2014年2月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『5年後働く自分の姿が見えますか? (角川...』のレビューをもっとみる

『5年後働く自分の姿が見えますか? (角川oneテーマ21)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする