マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力

著者 :
  • ダイヤモンド社 (2016年7月23日発売)
3.51
  • (14)
  • (41)
  • (40)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 598
感想 : 42
5

マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力2016/7/23 著:山梨 広一

「努力をすることはいいことだ」と思われている。
もちろん、努力をしないよりはしたほうがいい。仕事でも学びでもトレーニングでも、一定の努力は必要不可欠である。それでも「努力をすればいい」と思った瞬間、大事な点を見失ってしまう。問題は、労力やかけた時間ではなく、努力の質である。

そもそも何が「いい努力」で、何が「そうでない努力」、すなわち「悪い努力」なのか、それを徹底的に洗い出すこと、そしてどうすれば努力の質を上げられるか、とうのが本書のテーマである。

構成は以下の5章から成る。
①努力の質を変える 仕事に「いい流れ」をつくるルール
②いい努力を生み出す思考法 「次の行動」をクリアにする考え方
③いい努力につながる時間術 早く動いて「努力の成果」を最大化
④いい努力を進化させる 自分を成長させ続ける行動法
⑤人と一緒にいい努力をする 「最も大きな成果」を生み出す仕事術

自分は今まで「いい努力」だけをしてきたかと言われれば、そうとは言えず「悪い努力」もごちゃまぜに行ってきた。未熟であり、そのような意識が少なければどうしても、質より量に依存してしまい、やっていれば頑張っていると自己満足もあり安心してしまったきらいもある。

しかし、ここにきて時間の制約もあり自分の行動が大きく他者の時間を割き、今後に影響を与える立場へとなると、責任をしっかりと考えながら努力をしてもらう必要がある。

それを考える上では本書は非常に勉強になった。
常に本棚に置き、迷えば開くという一冊が新しく増えた。
「いい努力」を「続ける努力」をしていきたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: コミュニケーション
感想投稿日 : 2017年3月19日
読了日 : 2018年6月26日
本棚登録日 : 2017年3月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする