新・箇条書き思考 (アスカビジネス)

著者 :
  • 明日香出版社 (2020年12月11日発売)
3.55
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 66
感想 : 2
4

新・箇条書き思考 (アスカビジネス)
著:菅原 大介

ビジネスシーンには「箇条書き」を使う機会がたくさんある。特に近年は、自分が発信するもの、自分が提出するもの、そうした「アウトプットの出来・不出来」で仕事の成果や自分の評価が決まるご時世である。「作業は速く、発信内容は的確に」という条件をクリアするために、箇条書きを使く頻度は日増しに高まってきている。

本書では、ファクトとロジックを駆使して、箇条書きの中身を鍛え上げていく手法である「箇条書き思考」を根底とした、相手を動かす目的に合わせて一番適した表現方法を取ることを叶えている。構成は以下の7章から成る。
①速く、的確に、本質にたどり着く「箇条書き思考」とは何か?
②箇条書きこそビジネスプロフェッショナルの証
③ファクト(情報)を整理する
④ファクト(情報)に強くなる
⑤ロジック(論拠)を厚くする
⑥ロジック(編集)で共感を呼び込む
⑦日常の中で鍛える 箇条書き実践トレーニング

箇条書きの力が無限大なのはよくわかる。本書でもそれが証明されている。箇条書きは「書く」部門の最強のフレームワークであある。フレームワークは「もれなく・だぶりなく」のMECEが前提となる。それを理解することで「箇条書き」のレベル感も上がる。

本書は思考法だけではなく、しっかりとその中身を高めるために目的を意識させることだけではなく、情報の集め方や階層を整える(粒を揃える)等をそれこそMECEに説明している。

読んですぐに出来るかと言えば、そう甘くはないが、箇条書きのプロが日頃考えて行っている行動に触れることで意識は変わり刺激を受ける。

これからも箇条書きについては長く付き合うことになる。日々見直しを行う中で昇華させ続けていきたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 思考法
感想投稿日 : 2021年1月11日
読了日 : 2021年1月11日
本棚登録日 : 2021年1月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする