THE HOURS―めぐりあう時間たち 三人のダロウェイ夫人

  • 集英社 (2003年4月4日発売)
3.69
  • (21)
  • (14)
  • (24)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 231
感想 : 17
5

スティーブン・ダルドリーによる映画化された本作が
何より好きだ。生涯に残るベストに入る。

それぞれの時代を生きる3人の女性を描く、
彼女らの内面を事細かに表現した文章の羅列が、
少しくどいくらいに読み進めるにも時間を要する。

それでも読み進めることを止められないのは、
それぞれの次の展開が、他者との接触によって
彼女らの思わない方向に展開してゆく様が面白いから。

私は、この小説を細かく論じられるほど、
海外文学への造詣はないけれど、
それでも時間をかけて読むことを楽しむ一冊として、
本作を読んでよかったと思う。

あと、映画化にあたって原作に書かれていた女優が
登場することは、ちょっとしたサプライズになるか。
映画好きとしては、原作を読んで
素直に嬉しくなった。

2023年ラスト読書に選んで、正解だったと思う。
けれど、映画同様に読後感はとても重かった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 映画原作
感想投稿日 : 2024年2月5日
読了日 : 2023年12月27日
本棚登録日 : 2024年2月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする