疑似科学入門 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店 (2008年4月22日発売)
3.21
  • (11)
  • (52)
  • (90)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 608
感想 : 87

▼福島大学附属図書館の貸出状況
https://www.lib.fukushima-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/TB90186039

例えば福島第一原発事故後の健康を巡る「科学的(とされる)」言説のような,科学の問題ではあるものの,科学だけの問題ではない類の問題に係る言説を読み解くにあたり,一つの重要な視点を与えてくれる良書。もし,この本が原発事故前にベストセラーになっていたら,事故後に「科学的」言説が引き起こした混乱のうち,かなりの程度は生じなかったことであろう。「学問の府」であり「科学の砦」である福島大学が事故後に学長名で発信したメッセージの「疑似科学性」も,即座に看破されていたはずだ。今からでも遅くない。この本を,まずは,福大生必読の書としよう。同種の事件は,おそらく,また起こるだろうから。

(推薦者:共生システム理工学類 永幡 幸司先生)

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 2018図書館運営委員会推薦図書
感想投稿日 : 2018年10月24日
本棚登録日 : 2018年10月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする