子ども格差――壊れる子どもと教育現場 (角川oneテーマ21)

3.29
  • (2)
  • (5)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 121
レビュー : 14
著者 :
torugkさん  未設定  読み終わった 

著書が伝えたいことは?
日本の子供たちは、自信を喪失し、学問への情熱を萎えさせ、将来への希望や展望を見失っている状況である。
その為、家庭でも学校でも、子供の居場所を確保する必要がある。一人一人の子供が家庭や地域の中で自分らしく生きられるようにその成長と発達を支援することである。[地域ぐるみの子育て]がキーワードである。
教育の最大の目的は、生徒自身の自己決定として、子供が、自己変革され、成長、発達を遂げることであり、教育は、その環境を整え、サポートすることです。

レビュー投稿日
2011年7月25日
読了日
2011年7月25日
本棚登録日
2011年7月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『子ども格差――壊れる子どもと教育現場 (...』のレビューをもっとみる

『子ども格差――壊れる子どもと教育現場 (角川oneテーマ21)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする