生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

3.83
  • (1015)
  • (1413)
  • (1269)
  • (144)
  • (40)
本棚登録 : 11207
レビュー : 1332
著者 :
toshi1231さん 科学   読み終わった 

細菌とウィルス、DNAの二重らせん構造、そして福岡先生の動的平衡。これら生物学での発見についてのストーリーを、学会の構造や大学での生活などのエピソードも交えつつ語った作品。2007年と少し前の作品だが、当時のベストセラー。生物のしくみのなんと巧妙なことか。それを語る、研究者とは思えない福岡先生の見事な文章にも惹かれる。

コロナウィルスに挑む今、巷にあふれる様々な情報に流されないために、本書に書かれている基本的な生物学の知識は役に立つ。

レビュー投稿日
2020年5月1日
読了日
2020年5月1日
本棚登録日
2020年5月1日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』のレビューをもっとみる

『生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする