天才の栄光と挫折―数学者列伝 (新潮選書)

3.64
  • (25)
  • (30)
  • (64)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 275
レビュー : 39
著者 :
toshi1231さん 人文   読み終わった 

「博士の愛した数式」のインスピレーションとなった一冊だそうです。

天才数学者たちの孤独や苦悩と、おそらくその反動で生まれたものでもある驚異的な数への執着がもたらした理論の数々。理論については理解不能ですが、人間ドラマとして非常に興味深かったです。

なかでもナチスの暗号エニグマを解いたチェーリング、フェルマーの定理を証明したワイルズの物語が印象深いです。

レビュー投稿日
2015年2月26日
読了日
2015年2月24日
本棚登録日
2015年2月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天才の栄光と挫折―数学者列伝 (新潮選書...』のレビューをもっとみる

『天才の栄光と挫折―数学者列伝 (新潮選書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする